女の人

ニキビ跡の治療を行なう【整形で美肌づくり】

ニキビケアの仕方

美容整形

残らないようにするために

ニキビは毛穴の炎症で、皮脂の分泌が過剰になったり、ストレスがたまったりすることでできやすくなります。ニキビができても、正しい方法でスキンケアをすれば治ります。しかし、ケアを間違ってしまうとニキビができたあとにニキビ跡が残ってしまいます。ニキビ跡には、赤みやシミのように茶色く残るタイプ、クレータータイプなどがあります。ニキビ跡の赤みは毛細血管が傷ついてうっ血して起こります。赤みタイプはまだ軽症なので、時間の経過とともに治ります。しかし、日光にあたって紫外線ダメージを受けるとメラニンが生成されてシミになることがあります。シミになってしまうと治りにくくなるので、紫外線予防はしっかりする必要があります。

クレーターを治す方法

ニキビ跡で重症なのがクレーターです。繰り返してニキビができることで真皮層の組織が傷つき、月面のようにでこぼこになる現象です。昔はクレーターになってしまうと治せないのが普通でした。しかし、今は医療技術が進化し、クレーターのニキビ跡も治療できる時代になっています。ニキビ跡は主に美容皮膚科などの医療機関で治療ができます。フラクショナルレーザー、プラズマクリアなどのレーザー系の治療マシンは、真皮のコラーゲンを再生させる働きがあります。炎症でダメージを負った真皮層のコラーゲンが回復し、クレーターが改善されていきます。FGF治療は、クレーターに注射をして治す最新治療です。繊維芽細胞増殖因子の働きで、皮膚が滑らかになります。